グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップ >  事業案内 >  製氷事業 >  ソーラーアイスができるまで

ソーラーアイスができるまで


透明で適度な硬さが自慢のソーラーアイス。天竜川の伏流水がじっくり時間をかけて角氷、砕氷になるまでを紹介します。

1. 地下100mの清冽な天竜川伏流水を使用

2. 96時間かけて、じっくり透明度の高い氷をつくります。 

3.磨きをかけた水は、適度な硬度も維持しています。

4. できたてのソーラーアイス(角氷)

5. 角氷を機械で砕き、袋詰めします

6. 袋詰めした氷を、金属探知機にかけてチェック

7. ひとつひとつ、目視にて最終確認

8. じっくり時間をかけて作られた氷は、
ご購入いただけるソーラーアイスに